フラワーアレンジメント テーブル装飾

花の品種紹介

ドキドキ!お花をプレゼントするって未知の体験?フラワーギフト贈り物の 基礎知識

お花を贈ることになりましたが何を贈ったらいいでしょう?

何度そのようなご相談を受けたでしょう。

お祝い花をプレゼンする機会が初めて訪れた時まず、何を贈っていいのかわかりませんという花贈りビギナーさん。

30代の女性や40代 50代以上の女性でも、個人的にフラワーギフトをもらったり、贈ったこともないという方まだまだ多いのではないでしょうか?

実際に見たらなんとなくわかるけれど通販は、写真でみたり、説明も多すぎるとちょっとわかりにくこともありますね。

また100年前と20年前と現在では 同じ言葉でも使われる意味が変わってきています。海外ではその国その国の文化があります。

ここでは日本のお花のトレンド中心、私が花屋さんとして経験し、今も大切なお客様にお伝えしていることをご案内したいと思います。

フラワーアレンジメント パーティ装飾

フラワーギフトの種類やタイプ

生花・切花 
プリザーブドフラワー

ドライフラワー
ハーバリウム

鉢花 
観葉植物類

造花・シルクフラワー(アーティフィシャル)
盆栽・花木類

雑貨的な新しいタイプも出てきていますが
一旦大きく分類してみます。

今日はメインの 生花・切花について ご説明していきましょう。

生花フラワーギフト のタイプ 

Type 1 フラワーアレンジメント

●吸水フォーム(吸水スポンジ)を使用している

フラワーアレンジメントは、生花やグリーンなどを主に水を含ませた吸水フォームに挿されたものを言います。お花屋さんで購入する一般的なフラワーアレンジメントは、ほぼこのタイプです。

吸水フォームがない時代には、出来なかった形やデザインが簡単に安定して自由度高く作ることができるようになり、フラワーデザインに進化をもたらせました。

フラワーアレンジメントの歴史は古く、紀元前から花は薬や装飾品として中国、エジプト、ヨーロッパで発展してきました。

●花瓶が不要で手入れが簡単 

吸水フォームはそのままでは水がもれてしまうため防水用にセロハンを敷いたり、水が漏れない器にセットされています。そのため、花瓶がなくても、そのまま飾っていただくことができます。
     
お花は吸水ォームにお水を足していくことで、すぐに枯れることなく長持ちします。

(長持ちさせる方法はまた別の機会に)


Type 2 花束 ブーケ Bouquet 

●切花を束ねたお花

数種類の花やグリーンを麻ひもやビニールひもで束ねたものを言います。

Bouquet(ブーケ) は英語で 花束と同じ意味です。最近では、そのまま飾れるようにデザインして束ねた花束を*ラッピングして贈ることが主流です。

茎は長めが多いので、自分で生け花(華道)や小分けして飾るなど、自分で楽しむことができます。まったくデザインされずに、茎が長いまま、まとめられただけの切花も花束ということになります。

スーパーやお花屋さんで売られている セロハンで巻かれたものこちらも 簡単な花束ということになりますね。
     
●花をいれる花瓶、花器が必要

花瓶、花器に清潔なお水をいれ、花を飾ります。お水を吸いますので、水を足す、汚れたら水替えをしていきますので、アレンジメントより手入れが必要ではありますが、自由度が高く、手入れをしていくことでアレンジメントより長持ちさせることができます。
       
花器もあり、よくお花を飾られる人であれば、お花の手入れ、心を癒し楽しいことでもあります。
 
また 花瓶として売っているものだけではなく、お気に入りのカップや、グラス、ワインの瓶など、日常にある器を花器として使うことで、楽しみも広がります。

Type 3 スタンド花

開店祝いや発表会、楽屋見舞いなどで見かける背の高い台に生けられたフラワーアレンジメントをスタンド花 と言います。

器の高さや形は様々で、白や黒、スタイリッシュなもの、デザインされたタイプなど、個性豊かです。

スタンド台は使い切りではなく、お花屋さんが保有してお花を生けて納品し、お花が終わったらスタンド台を引き取りにいくことが普通です。

大きいので、宅配は使えませんので、納品時と引き取り時に、お届け先に行く必要があり、配達地域に限りがあります。

お花はもちろん、スタンド台の形もデザインのうち。スタンド花を依頼されるときは、その花屋さんにどのような形のスタンドがあるのか確認しておくとよいですね。開店お祝いの花にはほかにも種類があります。また別途お伝えすることにします。

Type 4 リース

花のリースとは 英語で 「wreath」輪・花冠・花輪など丸く形づくられた花を言います。

歴史はとっても古く、クリスマスリースはよく目にしますね日本で生花のギフトとして贈られるようになったのは比較的最近です。

花材を変えて、玄関飾り、壁飾りとして、一年中楽しむことができるため、フラワーギフトとしても定着してきました。壁掛けの場合、ドライフラワーになる花を使うことが多いです。


Type 5 スワッグ

ミモザ スワッグ ドライフラワー

スワッグとは ドイツ語で 壁飾り という意味ですが花や木の実、枝もの、植物などを組み合わせて束ね、吊るしたものになります。水なしで長く楽しむために生花でも、ドライフラワーになるお花や植物を使います。

なにもない場所が、一度にナチュラルでお洒落な雰囲気に!水替えお手入れが不要、ドライフラワーになります。長く楽しめ、比較的簡単!自分で作るスワッグも大人気。

 

次回は 咲き続ける枯れないお花 プリザーブドフラワーをご紹介しますね。

ピックアップ記事

  1. ドライフラワーショップ開店します!Mermaid+Flowersプリティマーメイ…

関連記事

  1. 季節の花行事

    敬老の日は9月第3月曜日!花のプレゼントにはりんどうや花鉢が人気

    敬老の日ももう間近!ずっと以前は9月15日でしたが、2003年から母…

  2. 花の品種紹介

    ドライフラワー 旅人の木 タヒビトノキ

    沖縄産の旅人の木が入荷しました。ショッキングブルーの青い実がとても…

  3. 未分類

    ドライフラワーになる花 スターチス

    ドライフラワーが大人気ですが、理由の一つとして、長く飾れるということ…

  4. お供えを贈る

    カサブランカ 百合 香る花 の魅力 

    1・カサブランカの花とは日本でとても人気のカサブランカはヤマ…

  5. お祝いを贈る

    開店お祝い スタンドの花は抜いて持って帰っていいの?

    私の住む大阪では、お店の前のスタンド花のお花を抜いて持って帰っても…

  6. 花の品種紹介

    アガベの花が咲きました

    多肉植物 アガベの花アガベの基礎知識リュウゼツラン科…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
PAGE TOP