花束 バラ トルコキキョウ

お花を長く楽しむ手入れ

フラワーギフトをもらったら 読むべし‼簡単お花のお手入れ方法 

プリティマーメイド レディフェミニン

お誕生日プレゼントや、サプライズでいただいたとっても嬉しいフラワーギフト。でも、今までお花を飾ったことがないんです!一日でも長く楽しみたいけど、まずはどうしたらよいかわかりません。

ラッピング用紙ははずしたほうがいいの?よくわからないからそのまま花瓶にいれて飾ってた。そんな方も多いかもしれません。せっかく想いの詰まった美しいお花。一日でも長持く楽しむ方法の基礎知識です。

花束のお手入れ

1.お花を包んでいるラッピングを外しましょう

花束 バラ トルコキキョウ

お花をより華やかに引き立ててくれるラッピングやリボン。そして同時に移動する際にお花が傷まないよう保護する役割もあります。いただいた後は、せっかくのお洒落なラッピングも、通気性が悪いとお花が蒸れてしまいます。外出着を脱ぐように、できるだけすぐにラッピングは外して、ゆったりリラックスさせてあげることが好ましいです。

2.花器・フラワーベースに切花延命剤を入れてお水の準備

花束の場合は、花瓶や花器が必要です。いただいたばかりのお花は少しお水が下がっている(お水が足らなくて元気がない様子)状態になっていることもあります。たっぷりのお水にお花に栄養を与える切花延命剤をいれたお水の準備をしましょう。器はきれいに洗った清潔なものを使います。花が長持ちするには、お水を十分に吸い上げることが最も重要です。とっても細い管を通るために、いつもさらさらとした、清潔なお水が嬉しいのです。

花束 水揚げ 

頂いたお花をそのまま飾ってしまうということも、よくあるのですが、お花を長く楽しむには、ほんの少しお手間をかけてあげると、日持ちが全く違います。お花屋さんが必ずやっている「水揚げ」ぜひやってみましょう。あまり難しく考えなくても、大丈夫。「切り口を新しく」「きれいなお水」この二つをしっかりすれば、一般的なお花はクリアできます。

とてもしっかりしていて、元気なお花は茎を数センチ、よく切れるはさみで、斜めにカットしましょう。斜めにきることで、お水に触れる部分が広くなり、お水の吸い上げがよくなります。切れないはさみで切り口を潰してしまうと、お水が吸えなくなって、日持ちが悪くなります。ホースがねじれたりしていると、お水の出が悪くなりますよね、そんなイメージです。それからそのまま花器に飾っても大丈夫です。

少し弱々しい、茎の細いお花、ちょっとぐったりしてるかな、お花が曲がってしまっっているという場合は、新聞紙などをきちんと巻いてお花を真っ直ぐ上を向くように補助してあげてから、よく切れるはさみで茎を最低2~3センチ斜めにカットします。たっぷりめのバケツなどお水に15分~30分つけて、シャキッっとしたら、新聞紙をはずして、花器に飾ります。( 上手な飾り方は、また別途でやっていきます。)

お花がぐったりしているってどんな感じ?というのは、野菜がシャキッとしているか、すこししんなりしているかを見分けるのと似ています。または人が疲れて姿勢が悪くなっている感じでしょうか。レタスなら、お水につけてシャキッとさせる、人ならあったかいスープを飲んで元気になる、お花もそんな感じで接していただけると元気になります。

しおれた花の水切り 湯上げ方法

なかなかシャキッとならない、花がすでにしおれてしまってる場合は「水切り」を試してみましょう。茎を水の中でカットします。カットした際に茎の管が空気に触れないために、より一層お水をスムーズに吸い上げることができます。

それでもシャキッとならない場合は 湯上げにチャレンジ!熱湯を数センチの深さで用意します。茎を1㎝くらいカットしてから、熱湯に茎の下から数センチだけつけます。茎の細いものは30秒から1分、固いものは5分くらいつけておきます。この時お花の部分は新聞で巻いて、少し角度など工夫し、直接熱い湯気があ「湯上げ」たらないようにして下さい。その後清潔なたっぷりとしたお水に数時間~1日ほどつけておきます。茶色く変色した茎の部分はその後またカットしましょう。とっても高い確率でお花が元気になります。これと似た方法で、茎を熱湯でなく、直接火であぶる方法もあります。ガスバーナーなどで切り口を炭になるまで焼き、その後お水につけます。炭になった部分は、あとでカットしましょう。それもこれも、お水を吸い上げる管を通すという作業です。
お祝いでいただいた胡蝶蘭鉢のお花は焼く方法が最も適しています。

※枝モノ(固いもの)は茎を十文字に切り、水の通り道を増やしましょう。

※ガーベラ、カラーなど茎の柔らかいものは、お水を少なくしてください。茎がお水で弱りやすいので、水につかった部分はカットしていくと驚くほど長持ちします。


長く楽しむには、同じように弱ってきたお花を、上記の方法で、再度水揚げしていくのが効果的。だんだん短くなっていきますので、器もグラスや小さなものに変えたり、置き場所も変えるなどで、何倍も何倍も楽しんでいただけます。

フラワーアレンジメントのお手入れ方法

プリティマーメイド アレンジメント ア・ラ・モード

1.外側セロハンラッピングをはずしましょう

花の手入れ アレンジメント

お花を覆っている外側のセロハンは外して、お花に呼吸させてあげましょう。但し、花器の中にあるセロハンは、器からお水が漏れない様にするものなので無理に取り外さないで下さい

2.延命剤入りのお水(※1)をあげましょう

フラワーアレンジメント 水

お水をあげる時は、お花にかからない様にたっぷりと給水フォームに注いで下さい。また器からお水がこぼれることもありますので、濡れたら困る場所では注意してください。

(※1). 付属のお花の延命剤

クリザール 小袋 切花栄養剤

お水は、できる限り毎日少しずつあげて下さい。付属の切花延命剤を溶かしたお水はお花に直接お水がかからない様して少しずつ器の中に入れて下さい。当店ではクリザール小袋をお付けしています。

3.お花が弱ってきたと感じたら

切り戻し カーネーション

花の足元を数cm切り落として、切り口を新しくします。茎を給水フォームの同じ場所に戻さないで少し位置をずらす様にして新しく挿し直して下さい。別の一輪挿しや他の器等にアレンジしても楽しいですね。

時々、バラが枯れていると間違われるものに、下記の写真のような場合があります。花と茎をつなぐ額部分は、少し硬く色も少し違います。花を支えるために強くなっています。大きく花を咲かせるためのものですので、とらずにそのままにしてください。

百合の花粉は洋服につくと、なかなかとれませんので、花が開いたら、花粉が固いうちに、優しく取り除いて下さい。

バラの花びら 百合の花粉

お花の日持ちは何日ですか?という質問は、よくいただきますが、環境とお手入れ次第で倍以上、またはそれ以上の差が出ます。2週間以上綺麗に咲くお花でも、お水を吸えなければ2~3日で枯らすこともできるのです。

切花を飾る場所はどこがいい?

切り花はお日様の光はもう必要ありません。明るい日光は成長を促すときに必要なのですが、切花は長くその美しい姿を楽しみたいものです。

切り花が好まないものは 日光・熱・風・温度の変化・乾燥 たとえ日持ちが長くても誰の目にも触れない冷蔵庫の中にいれてしまうと、どうでしょう?さびしいですよね。人の目に触れることができる中で、最も「光があまり当たらない」「熱くない」「風が当たらない」「できるだけ一定の温度と湿度」 の場所を選んでみてください。

こんな風にお花を愛でると、お花も美しく応えてくれること間違いなしです!

関連記事

  1. お花を長く楽しむ手入れ

    ドライフラワーの作り方!シリカゲルを使って超簡単にきれいな花

    ドライフラワーの作り方生花はすぐに枯れてしまう、せっかくいた…

  2. プリザーブドフラワー レインボーローズ

    お花を長く楽しむ手入れ

    プリザーブドフラワー 咲き続けるフラワーとは

    ◎プリザーブドフラワーはこんな花 枯れないってホント?花の通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP