お供えを贈る

お盆にお供えする花たち

花火だ!海だ!お盆休みだ!と楽しいことがたくさんある夏本番。お父さん、お母さんから一人立ちして、家族を持った時、お盆とはなにかを説明できる人も少ないですよね。とても深い話ですし、諸説ありますが、お花をお供えするのに役にたつ知識をお伝えします!

蓮台です。 蓮の花が咲き終わったら、中に蓮台ができています!夏の風物詩

お盆って何

お盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)が正式な名称です。ご先祖の霊を呼び寄せお供養する行事です。期間は4日間にわたり、初日を盆の入り(迎え火)、最終日を盆明け(送り火)といいます。
お盆の時期になると、各家庭ではお供えもの、花を飾り、火を焚いてご先祖の霊(祖霊)をお迎えします。お寺の僧侶様にお経をあげてもらう、お墓参りする、そしてまた火を焚いてご先祖の霊をお送りするのです。

お盆のお供え花 お盆はいつから

お盆期間は全国的には「8月13日~8月16日」の4日間とされています。毎年変わるということはなく、どの年も同じように8/13~8/16にお盆ですよ~ということになります。

お盆は地域によって違う

全国を見渡してみると 7月関東盆(東京、神奈川、静岡など)や9月に行われる地域もあり、多種多様なお盆がみられます。もともとお盆は中国から伝わった旧暦(太陰暦)7月15日の「中元節(ちゅうげんせつ)」の日に行われるものでした。

明治以降に太陽暦が採用されたのちに旧暦で行う地域と新暦で行う地域に分かれたとされています。地域内でも、各家庭によっても違うのです。また旧暦のお盆は毎年同じではなく、少しずつ日にちが変わります。暦ってちょっと勉強しないと難しいですよね。

お盆の新盆 初盆とは

故人が亡くなって、初めて迎えるお盆のことを新盆・初盆といいます。亡くなって四十九日がすんでいない場合は、その年の盆ではなく、翌年が新盆となりますので、注意が必要です。読み方もいろいろで新盆は「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」初盆は「はつぼん」「ういぼん」と読みます。とくに丁寧にお迎えするお盆行事です。

亡くなって四十九日の間は、まだこちらの世とあちらの世をさまよっている期間になりますので、お盆にお迎えするということではないのです。

盆棚=精霊棚を準備

「ぼんだな」「しょうりょうだな」と読みます。お仏壇の前などに盆棚(小さなお膳のような棚、なければ小机・ミニテーブルなどでも)を用意し、お供えものを飾ります。宗教・地域・風習によって違いますので、ご両親自宅地域の諸先輩に確認してみると喜んで教えてくださると思います!

お盆 お供え花 以外に必要なもの

真菰(まこも) 蓮の葉 ほおずき おがら きゅうり なす など

蓮の花の画像です!花屋さんに売ってるのは 右のつぼみくらいで、なかなか池や沼地以外の環境では美しく咲くことは稀です。
2019年夏!!通勤途中の蓮畑!大きい蓮の葉がいっぱい!!直径50センチ以上もあったりします。小さく白い蓮が咲いています。

真菰ってなんぞや?となるのですが、ざるそばが乗ってる、すのこみたいなものがちゃんとした感じっていうと一番伝わります。(笑) おがらは麻がらで、長い棒のような枝です。これをきゅうりやなすにさして足にします。きゅうりの馬は来るとき(急いで帰ってきていただきたいから早い馬)、なすの牛はゆっくり帰ってという意味で牛、に載っていただきます。なんだかとっても楽しいですね。お子様と一緒にこういった準備をすると、次世代への引継ぎもスムーズかと思えます。2019年の映画「天気の子」の中でも、主人公たちが依頼主のおばあちゃん宅で迎え火をまたぐといった場面がありました。なすやキュウリの場面もあって、お盆というものを映画をみた方に少しでも伝われば嬉しいなと思いました!

お盆花の種類

蓮台とコウヤマキがはいった期間限定タイプ

お盆だけに入れるお花として蓮の花や蓮台、コウヤマキ、ほおずき、オミナエシ、ケイトウ、りんどうなどがあります。蓮の花は仏さまが座るとして、とても高貴な花です。通販では蓮花は傷みやすいので、扱っていませんが、蓮台を使ったお盆用花はやはり人気です。お墓の花もブルーに赤、黄色などなど、どちらかというとカラフルにおつくりすることが多く、ご先祖様の目印とされているのかなと思っています。

お花の色もやはり地域によってかなりお好みが違います。私のお店のご注文をみるかぎり、関西は赤いカーネーションや赤いケイトウを入れて華やかに、逆に関東ではあまり赤いものは入れないで、というご要望も見られます。

お盆に贈る花ギフト

お世話になった方、ご親族へお盆にお花を贈られるかたもたくさんいらっしゃいます。どのようなお花がいいかな?と悩まれることも多いのです。

亡くなられて間もない場合は白を中心としたもの、少しお日にちが経つと、白だけでは寂しい感じがしますので、優しい色を加えます。故人さまのご家族と親しい場合や、地域性で華やかなお色を飾られる場合もあります。日持ちがよく、鮮度ピカピカのお花が一番ですね。

お花を飾る日にち

お墓参り・お仏壇などにはお盆の入り13日午前中までに新しいお花を飾りましょう。11日~12日中にはきれいにお掃除をして、きれいになったところにお花を飾るということですね。ご先祖様だけではなく、自分の心を整えるといった意味もあるように思えます。16日に送り火をしたあとは、お花を新しいものに変えてお仏壇に飾りたいものです。いずれも、心を尽くすものです、少し遅れた、違ったなどではなく、ゆったりとご先祖様に感謝することが大切ですね。平和に仲良く、健康に暮らしていること以上にご先祖様が喜んでくれるものはないかもしれません!

プリザーブド仏花 枯れないお供え花

洋風のプリザーブド仏花アレンジです。たくさんの種類やカラーが選べます。

お盆のお供えをしっかりしたい!とはいえ、現代の忙しい毎日、やむなくお盆にご旅行や、仕事で不在にすることも多いですよね。そんな時でもせめてお花はきれいに飾りたい!という場合は、プリザーブドフラワーの仏花をお勧めします。不在中にも枯れずに美しいまま。またお盆が終わったら、しまっておくこともできます。色も優しいながらも華やかなものが多いです。バラはとげがついていませんので、お供えしても安心です。いろいろなタイプのプリザーブドフラワーがでていますので、ぜひ毎年交換してみてはいかがでしょうか。

お盆 お供えマナー メッセージ

なんとなく、難しい言葉を考えそうになりますが、近しいご親族であれば、もっと柔らかく、「お盆にお供えしてね」 などでも構いません、一言メッセージをお付けすることで、お気持ちが伝わりますね。思いつかないときは、上記のような定型を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 季節の花行事

    お猿さんの花!ランの不思議発見

    こんにちは、お花コンシェルジュの竹本です。休日を利用して淡路夢舞台に…

  2. 季節の花行事

    敬老の日は9月第3月曜日!花のプレゼントにはりんどうや花鉢が人気

    敬老の日ももう間近!ずっと以前は9月15日でしたが、2003年から母…

  3. お祝いを贈る

    開店お祝い スタンドの花は抜いて持って帰っていいの?

    私の住む大阪では、お店の前のスタンド花のお花を抜いて持って帰っても…

  4. 季節の花行事

    母の日フラワーギフト 迷ったらオススメお花贈り

    毎年第二日曜日は 母の日!Mothers day ですね。…

  5. お祝いを贈る

    スタンド花を贈る 祝い花の注文の仕方

    星渉先生の神トーク「伝え方しだい」で人生は思い通りの講演会場へお祝い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP